忍者ブログ

[PR]

2017年12月11日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年02月の投資結果(+37万)

2009年03月02日
FX投資を開始して1ヶ月がたちました。ビギナーズラックなのかもしれませんが、初期投資資金の2.5倍まで金融資産が増えました。

+37万

PR
つづきはこちら "2009年02月の投資結果(+37万)"

2009年02月02日トレード結果

2009年02月03日
■勝敗
8勝2敗
■売買履歴
・USD/JPN 買 89.67 売 89.73 (+6)
・USD/JPN 売 89.24 買 89.21 (+3)
・USD/JPN 買 89.30 売 89.31 (+1)
・USD/JPN 買 89.21 売 89.33 (+12)
・USD/JPN 売 89.47 買 89.40 (+7)
・USD/JPN 買 89.47 売 89.57 (+10)
・USD/JPN 売 89.67 買 89.73 (-6)
・USD/JPN 売 89.93 買 89.90 (+3)
・USD/JPN 買 89.81 売 89.70 (-11)
・USD/JPN 売 89.75 買 89.73 (+2)





2009年01月30日 トレード結果

2009年02月01日
■勝率
0勝2敗

■売買履歴
ユーロ/円 売 115.36 買 117.39 -62,019円
ユーロ/円 売 115.33 買 117.36 -103,365円

■資産増減
-165,384円

ユーロに対する急激な円高で、LC(自動ロスカット)が発生しました。昨日までの利益がすべて飛んでしまいました。全額投資はリスクが高いですね。まさに、初心者投資の結果だと思います。次回からは、以下の点に注意します。

・損切は早めにする。
・全額投資はやめる。

1月29日(木)トレード結果

2009年01月29日
■勝率
6勝3敗

■売買履歴
ユーロ/円 売 117.32 買 117.82 -32,400円
ユーロ/円 買 118.03 売 117.80 -8,100円
ユーロ/円 売 118.35 買 118.06 +14,500
ユーロ/円 売 117.85 買 117.75 +4,000
ユーロ/円 売 118.24 買 118.34 -5,000
ユーロ/円 売 118.17 買 117.78 +19,500
ユーロ/円 売 119.08 買 118.74 +17,000
ユーロ/円 買 118.83 売 119.10 +13,500
ユーロ/円 売 118.98 売 118.72 +13,000

■資産増減
+42,9円(246,376円)

今回は、間違って買をしようと思っていたのに売ってしまいました・・・
本当にもったいない。無駄に5000円の損失です。

1月28日(水)トレード結果

2009年01月29日
■勝率
1勝1敗

■売買履歴
ユーロ/円 買 118.72 売 119.20で売り抜け予定
米ドル/円 売 89.30 買 89.09 +8,500円
ユーロ/円 売 118.59 買 118.39 +6,400円

■資産増減
+14,900円(含み損 19,000円)

今日は、前日までの利益があったので調子に乗ってしまいました。ユーロが高値に進んでいたためそのままあがると予測し購入したが、反転して落ち込んでいます。しばらく塩漬けにすればきっと上がると思うが、どこまで耐えられるかが問題です。。。

投資日記開始(100,000円)

2009年01月28日
100年に1回の大不況を向かえ、給料が上がらないことから自分で資産運用して自己資産を増やすことを目指し、FXをはじめます。

開始時の軍資金は100,000円です。

どこまで増やせるか挑戦していきます。

テスト

2009年01月28日
PR削除についてのテスト

Mediawikiサイトのページ一覧

2007年03月30日
別館として稼動させているMediaWikiサイトの一覧です。

個人的な備忘録です。すみません。。
つづきはこちら "Mediawikiサイトのページ一覧"

Google ノートブック

2007年03月30日
Googleから提供されている、Google ノートブックが日本語化された。

Firefoxなどでは、アドオン機能でノートブックの利用が可能になる。

Google ノートブックが日本語化--英語に加え17カ国語に対応

エスカレータの右空け、左明け

2007年03月27日
こんな記事が
大阪では、エスカレーターの左側をあけるのが一般的。東京などは「右あけ」

日本の殆どが、右空けなんですねぇ。関西と、関東で違うのもまた面白い。